みなと子育て応援プラザPokke
代表TEL 03(6435)0411

Pokkeの保育とは

トップページ > Pokkeの保育とは

Pokkeの一日

0歳  0歳児 時間 1歳以上  1歳以上
朝食(ショートステイ利用児のみ) 7:00 朝食(ショートステイ利用児のみ)
朝食 7:15 一時預かり受入れ
一時預かり受入れ 8:00 室内遊び
室内遊び・散歩 10:30 散歩
離乳食
(初期・中期・後期・完了期)
11:00 食事
11:40 食事
お昼寝(個々の状況に応じて) 12:00 お昼寝(個々の状況に応じて)
おやつ 15:00 おやつ
おやつ 16:00 ひろばのげんきタイムに参加
一時預かり終了 18:00 ひよこ
夕食(トワイライト・ショートステイ児のみ) 18:30 夕食
入浴(ショートステイ児のみ) 入浴(ショートステイ児のみ)
(個々の時間で入眠)   (個々の時間で入眠)
ガラガラ 20:15 一時預かり終了
トワイライトステイ終了 22:00 トワイライトステイ終了

※昼食をご利用の場合は、なるべく11:00まで(離乳食のお子さんは10:30まで)の入室をお願いいたします。
(子どもは室内に慣れ、保育者に慣れていく事で、安心して食事が食べられます)

 

 

Pokkeのほいく

あそびや関わりの大切さについて

0歳児
 愛着関係の持つあそびを大切にしていきます
1歳児 
 保育者や友達と一緒に模倣遊びや探索遊びを楽しんでいきます
2歳児 
 保育者や友達とさまざまな模倣遊びやごっこ遊びの中で、社会性を育んでいきます。
 人との関わりを大切にし、イメージを豊かにしていきます。
幼児 
 全身を動かす遊びを楽しみ、異年齢と関わる経験をしていきます。
 自分の気持ちを出しあう関係を大切にしていきます。
児童 
 異年齢との関わりを大切にし、自身を持つことで、子どもの持つ力を育んでいきます。
 一人になる時間・空間を保ち、子どものありのままの姿を受け止めていきます。

 

食育

・野菜の栽培(トマト・ナス・きゅうり等)

トマトやキュウリ、ナスなど苗の植え付けや水やり、収穫を通し苦手な野菜を身近に感じられる体験が出来るようにしています。収穫した野菜は、給食で提供されます。

・野菜の展示

 保育室の入り口には、収穫した野菜や、季節の野菜の展示を行っています。 

 野菜そのものの形を見たり、触れてみたり、匂いを感じたり、野菜に親しむことができます。

 

・野菜の下ごしらえ

 給食やカフェで使用する、野菜の下ごしらえを一緒にしています。

 玉ねぎ、空豆、枝豆、トウモロコシなど楽しみながら野菜に触れ合う事ができます。

えだまめ

とうもろこし

たまねぎ

そらまめ

 

・野菜スタンプ

 料理する前の野菜の形、切り口の形を通して野菜と親しむことを大切にしています

 

季節にあわせた活動

季節を感じるお散歩

 散歩で四季に触れ、行事に参加することで自然や地域へ親しみます。

どんぐりひろいの様子

どんぐりひろいの様子

 

 近くの神社や増上寺へ初詣に出かけることもあります。

 季節の行事や、伝統文化などにも触れる機会を大切にしています。

初詣

凧揚げ

 

 Pokkeと同じワーカーズコープが運営している、東麻布保育室のお餅つきに参加します。

 毎年地域の協力を得て、年末に行っています。

お餅つきの様子

お餅つきの様子

水遊び

 7月~9月の間で気温や天気により水遊びを行います

 水の感覚に触れて楽しむことや、水の性質を生かした遊びを通して水に慣れ親しめるように考えています

室内遊び

 戸外活動だけでなく、室内活動も様々な経験が出来るように考えています

 普段使っている玩具も異年齢のお友達と協力して遊ぶことで、想像力も刺激されます

 雨の日が続いて外に出られない時には、身体を使った室内遊びも取り入れています

室内遊び

電車遊び

劇あそび

体を使った遊び

新聞紙遊び

製作

 お雛様や、クリスマスのモチーフ作り、落ち葉やドングリを使って、季節に合わせた製作を年齢に合わせて行っています

ひなまつり

クリスマス

手形の木

あじさい

 

お子さんをあずけたい方
© みなと子育て応援施設プラザ Pokke